高く買い取ってもらえる!

HERMES エルメスは、お洒落で気品があってステキなブランドですよね。歴史あるブランドなのも魅力的なところです。

 

私は、バーキン、ケリー、ボリード、エブリンのバッグを持っています。エルメスの魅力は皮の色合いと質感。使っていてこれだけ気持ちが高揚するブランドは他にはありませんよね。

 

次にエルメスをさらに楽しくしてくれるのが、スカーフ、チャーム、ツィリーをバッグに合わせることで、おしゃれを2倍楽しむことができる点です。小物合わせると、またバックの雰囲気が変わってくるんですよね。

 

エルメスと聞いて思い浮かぶのは、ブランドのロゴマークである「H」ですよね。腕時計のベルトやバッグの留め金部分などにロゴのHがさりげなく施されており、すぐにエルメスだと認識できるうえに嫌味もなくスッキリとした印象です。

 

エルメスと聞くと誰もがケリーやバーキンなどのバッグを思い浮かべます。しかし、魅力的なのはバッグだけにとどまりません。

 

エルメスには、いちど手にしたら離れられない魅力があります。まるで、中毒のようですね…笑

 

しかし、さすがに次から次へと高価なバックを買い換えるわけにもいかないです。安い買い物ではないですから。

 

新しいものが欲しくなったり、バックを買い換える時は古くてあまり使わなくなったバックを買い取ってもらうようにしています。使わなければ、もったいないですからね。

 

エルメスは価値も下がりにくいので、高値で買い取ってくれますよ。購入金額よりも高く売れたなんてこともよくありますしね。

 

買取専門店の「リンカン」

エルメスの買取をしてもらうなら、ブランド買取専門店のリンカンを使うと高く買い取ってくれますよ。

 

私が調べて中では1番高く買取してくれましたからね。

 

3店舗ほど買取査定を申し込んで同じバッグ(エルメスピコタン)を査定してもらいましたが、買取額は27万円。

 

他の業者ですと、22万円と25万円でしたのでリンカンで売るのが最もお得な感じでした。

 

もちろん、商品は何か?状態はどうか?等によっても査定額は変わってきますが、リンカンは買取金額への評判も良いので期待してもいいと思いますよ^^

 

リンカンはとっても使い方も簡単で、ネットから査定のお申込みをして、売りたいエルメスの商品を箱に詰めて郵送するだけです。希望すれば配送キットも準備してくれますし、もちろん送料無料ですので費用はかかりませんよ。査定も無料ですからね!

 

郵送したら、あとは結果を待つだけです。結果が出れば、ご自身の判断で売るか売らないか決めるだけ。もし売るなら、銀行の口座へお金を振り込んでくれます。

 

売らない場合でも、キャンセル料もかかりませんし、返送料もかからずに返却してもらえるので安心です。

 

ご自宅にいながら買取査定が出来ますし、査定をするだけでしたら無料ですべてできるので気軽な感じでお申し込みできますよ。

 

もし、ご自宅にいらなくなったブランド品があれば、一度査定をしてもらうのはおすすめです。意外に値がついて臨時収入ゲットになるかもですよ(^^)/

 

>>リンカンの買取申込みはこちらから

 

 

買取可能地域

北海道・東北 : 北海道・青森県・岩手県・宮城県・山形県・秋田県・福島県
関東 : 茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県
甲信越・北陸 : 富山県・石川県・福井県・長野県・山梨県・新潟県
東海 : 愛知県・岐阜県・静岡県・三重県
関西 : 京都府・大阪府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県
四国 : 香川県・徳島県・愛媛県・高知県
九州・沖縄  : 福岡県・長崎県・大分県・佐賀県・宮崎県・熊本県・鹿児島県・沖縄県

 

 

エルメスについて

エルメスの歴史

エルメスは、1837年にパリで、ティエリ・エルメスさんが馬具工房としてお店を開いたことがきっかけのブランドです。

 

高級ブランドのイメージが強いのですが、高級馬具屋さんから始めたことは有名な話ですね。

 

さらに調べてみると、1867年と1878年にあったパリの万博では、1867年は銀賞、1878年は金賞を受賞しており当時から高い評価を得ていたようです。

 

最初は馬具が専門でしたが、自動車産業が、盛んになった事もあり、さまざまな事業を展開していったそうです。

 

そして、エルメスは1920年にハンドバッグ部門を新設しています。ファスナーを始めてハンドバックに用いたとして人気が高まったそうですよ。

 

エルメスの人気バッグ、バーキンやケリーも優れた創設者とデザイナーさんから産まれた最高傑作なんですね!

 

 

エルメスの商品
エルメスのバーキン

エルメスで最も有名なのはこのバーキンですよね。この「バーキン」という名前ですが人名が由来らしいです。

 

エルメス第5代社長が、偶然飛行機で隣同士になった女性歌手“ジェーン・バーキン”に、ポケットが付いたバッグが良いですよと話しかけたことがキッカケです。

 

バーキンさんがボロボロになったカゴの中に、なんでもかんでも詰め込んでいるのを社長が見て、
整理せずに何でも入れられるバッグをプレゼントさせてほしいといったことが由来なんですって(*^^*)

 

なんだか素敵だなぁと感じました。ストーリーがあるって素敵ですよね^^

 

バーキンさんは、「いつかエルメスがポケットが付いたバッグを発売したら買うんだけど」と言ったそうですよ。

 

それを聞いたエルメス社長は、その場でデザインして見せたとか・・・。

 

 

エルメスのケリー

「ケリー」という名前の由来ですが、 女優からモナコのレーニエ大公の妃となった「グレース・ケリー」のエピソードが由来となっているそうですよ。

 

妊娠中だったグレース妃は、公の場で大勢のカメラマンに囲まれたとき、とっさに持っていたエルメスのバッグでおなかを隠したんだそうです。

 

バッグでおなかを隠したことで、メディアでエルメスのバッグが大々的に写真に撮られその存在が世界中に広められました。

 

それ以後、ケリーバッグという名前で親しまれるようになったそうです。